検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 26 在庫数 26 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

マタギに育てられたクマ (感動ノンフィクション)

著者名 金治 直美/文
著者名ヨミ カナジ ナオミ
出版者 佼成出版社
出版年月 2008.12


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 配架場所 資料種別 資料番号 請求番号 帯出区分 状態 貸出
1 中央館閉架書庫C児童書0142055476K489/カナ/帯出可在庫 
2 中央館閉架書庫C児童書0142055492K489/カナ/帯出可在庫 
3 中央館4F児童児童書0142055509K489/カナ/帯出可在庫 
4 高橋CC開架分館児童書0240510348K489/カナ/帯出可在庫 
5 井 郷開架分館児童書0340344481K489/カナ/帯出可在庫 
6 松 平開架分館児童書9042091225K489/カナ/帯出可在庫 
7 上 郷開架分館児童書5040515100K489/カナ/帯出可在庫 
8 高岡CC開架分館児童書0640388775K489/カナ/帯出可在庫 
9 西部CC開架分館児童書0940201255K489/カナ/帯出可在庫 
10 朝日丘開架分館児童書9042023921K489/カナ/帯出可在庫 
11 石 野開架分館児童書9042023591K489/カナ/帯出可在庫 
12 猿投北開架分館児童書9042023773K489/カナ/帯出可在庫 
13 猿投台開架分館児童書9042023575K489/カナ/帯出可在庫 
14 若 林開架分館児童書9042023632K489/カナ/帯出可在庫 
15 高橋交開架分館児童書9042023806K489/カナ/帯出可在庫 
16 豊 南開架分館児童書9041145990K489/カナ/帯出可在庫 
17 保 見開架分館児童書9041991583K489/カナ/帯出可在庫 
18 前 林開架分館児童書9042023799K489/カナ/帯出可在庫 
19 益 富開架分館児童書9042023880K489/カナ/帯出可在庫 
20 美 里開架分館児童書9042023541K489/カナ/帯出可在庫 
21 竜 神開架分館児童書9041991575K489/カナ/帯出可在庫 
22 小 原開架分館児童書9042023567K489/カナ/帯出可在庫 
23 足 助開架分館児童書9042023707K489/カナ/帯出可在庫 
24 下 山開架分館児童書9042023814K489/カナ/帯出可在庫 
25 開架分館児童書9042023781K489/カナ/帯出可在庫 
26 稲 武開架分館児童書9042023898K489/カナ/帯出可在庫 

登録するリストログインメモ


書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1000000135273
書誌種別 図書
著者名 金治 直美/文
出版者 佼成出版社
出版年月 2008.12
ページ数 128p
大きさ 22cm
ISBN10 4-333-02352-3
ISBN13 978-4-333-02352-3
分類記号 489.57
書名 マタギに育てられたクマ (感動ノンフィクション)
書名ヨミ マタギ ニ ソダテラレタ クマ
副書名 白神山地のいのちを守って
内容紹介 青森県のマタギ、吉川さんは、狩りで仕留めたツキノワグマに2頭の子グマがいたことを知り、山の神にいただいた母グマの命にかえて、2頭を育てることを決意する。マタギの精神を通して、命、自然環境を見つめた感動作。
著者紹介 埼玉県生まれ。創作児童文学同人誌「さわらび」同人。日本児童文芸家協会会員。作品に「さらば、猫の手」「逢魔が刻のにおい」など。



目次


内容細目

この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

2008
489.57 489.57 K489
吉川 隆 くま(熊) 白神山地 またぎ
前のページへ


本文はここまでです。


ページの終わりです。