1. トップページ > 
  2. 図書館のご案内 > 
  3. 自動車資料コーナー展示

自動車資料コーナー展示

自動車資料コーナーでは、一般公募により募集させていただいたサポーターと共に企画・運営を行い、豊田市中央図書館に所蔵する図書、雑誌などを紹介しています。

とき 7月11日(火)から10月上旬
ところ 豊田市中央図書館 4階 自動車資料展示コーナー
内容 発売からともに50周年を迎えたトヨタ 2000GT とマツダコスモスポーツに関する資料の企画展示です。
発売当時も今も多くの人たちを魅了し続けるトヨタ 2000GT とマツダコスモスポーツ。レジェンドCARと言っても過言ではない2車の開発から活躍に関する流れをカタログや当時の雑誌資料で紹介しています。

kurumatenji①.jpgkurumatenji③.jpg
問合せ 豊田市中央図書館
〒471-0025 豊田市西町1-200
(電話:0565-32-0717 FAX:0565-32-4343)
テーマ F1 モナコGP
展示期間 5月9日(火)~7月初旬
展示場所と 豊田市中央図書館 4階 自動車資料展示コーナー
展示内容

今回の展示テーマは、世界三大自動車レースの1つ「F1 モナコGP」です。
伝統と格式に彩られたそのレースは、毎年、世界中のセレブが集い、モナコGPならではの観戦風景が見られることでも有名です。
ドライバーたちが挑むのは世界屈指の難コース、モンテカルロ市街地コース。少しのミスも許さない過酷なレースコースです。
絢爛豪華にして過酷なF1モナコGPの世界をご覧下さい。

※ポスターはこちら

問合せ

豊田市中央図書館
〒471-0025 豊田市西町1-200
(電話:0565-32-0717 FAX:0565-32-4343)

テーマ 自動車雑誌 特別展
展示期間 1月8日(日)~5月7日(日)
展示内容

今回の展示は、昭和30年代の創刊から現在まで発行を続けている自動車雑誌『モーターマガジン』と『カーグラフィック』を前期・後期の2回に分けてご紹介します。
高度成長に伴い自動車保有率が増加してきたこの時代の、自動車ファンやオーナードライバーの興味を引く内容がたくさん誌上で紹介されています。
170108jidousya.JPG

テーマ プリンス自動車
展示期間 10月4日(火)~12月27日(火)
展示場所と 豊田市中央図書館 4階 自動車資料展示コーナー
展示内容

今回の展示テーマは、プリンス自動車です。誕生から日産自動車との合併までの歴史や、世界で通用する性能と品質を目標に掲げて開発されたモデルをご紹介します。終戦から高度成長に至るまで国産車の発展に大きく寄与したプリンス自動車が活躍した時代に、想いを馳せていただければ嬉しく思います。
写真 プリンス自動車.JPG

問合せ

豊田市中央図書館
〒471-0025 豊田市西町1-200
(電話:0565-32-0717 FAX:0565-32-4343)

テーマ 半世紀前の日本の自動車
展示期間 7月5日(火)~10月2日(日)
展示内容

半世紀前というと、ビートルズの来日や『笑点』の放送開始、自動車業界に至ってはプリンス自動車が合併し、自動車の大衆化が急速に進んだ時代です。今回の展示では、自動車から見た半世紀前の日本を紹介します。自動車を個人で所有するようになり、日本全体が明るい将来を夢見ていた時代に思いを馳せていただければ嬉しく思います。

nihonnno.JPG

テーマ インディ500
展示期間 5月10日(火)~7月3日(日)
展示内容

アメリカ最大のモータースポーツイベントで、世界3大自動車レースであるF1モナコGP、ル・マン24時間と並ぶインディ500。今年で第100回目の開催を迎えます。オーバルコースを200周、平均時速250kmを超える迫力あるレースです。長丁場における戦略判断など、F1とは一味違う世界観が魅力です。
今回はそのようなインディ500の歴史や魅力を知ることのできる資料を集めましたので、ぜひご覧ください。5月21、22日に予選、29日に決勝が行われます。 
500.JPG

テーマ 自動車資料秘蔵誌 特別展2
展示期間 3月8日(火)~5月1日(日)
展示内容

自動車雑誌『モーターファン』の昭和30年代の連載記事、オートスコープを紹介します。Auto(=自動車)scope(=詳しく調べる)の名前のとおり新型車の構造を詳しく紹介した記事は、モーターファンの看板記事で人気を博しました。今回の展示で、その時代を象徴する自動車への関心を深めていただければ嬉しく思います。

テーマ 自動車資料秘蔵誌 特別展
展示期間 1月5日(火)~3月6日(日)
展示内容

大正14年から平成8年まで出版されていた自動車雑誌『モーターファン』の昭和20年代を紹介します。この時代、今はなき自動車メーカーやオートバイメーカーがたくさん誌上で紹介されていました。今回の展示で、これらの企業の盛衰や時代の流れを感じてみてください。

モーターファン写真.JPG

テーマ 1960年代の日本車
展示期間 9月8日(火)~11月1日(日)
展示内容

1960年代はモータリゼーションが加速し、一般市民が自動車を所有することが可能になった時代です。また、1963年に第1回日本グランプリが開催され、モータースポーツへの関心が高まった時代でもあります。今回の展示では、自動車を所有することが現実のものとなった時代の日本車を、自動車カタログを中心に紹介します。

問合せ 豊田市中央図書館
〒471-0025 豊田市西町1-200
(電話:0565-32-0717 FAX:0565-32-4343)

テーマ ル・マンの歴史
展示期間 6月2日(火)~8月30日(日)
展示内容

毎年、夏至に近い週末にフランスのル・マン近郊で行われる、耐久レースの最高峰であるル・マン24時間レース。1923年から現在までの歴史を自動車資料で紹介します。

問合せ 豊田市中央図書館
〒471-0025 豊田市西町1-200
(電話:0565-32-0717 FAX:0565-32-4343)

ページトップへ