1. トップページ > 
  2. ティーンズコーナー > 
  3. おすすめ本の紹介 > 
  4. 2019年 > 
  5. 4月

ティーンズコーナー おすすめ本の紹介

4月

4月に新入学・進級される皆さん、おめでとうございます!

新しい学校やクラスがどんな感じかドキドキしますが、担任の先生が誰になるかも、気になりますよね。

今月のテーマは「先生」です。先生から生徒へ送る言葉、先生の物語などの本をご紹介します。

  • 365日のWONDER ブラウン先生の格言ノート
  • R.J.パラシオ/作 中井 はるの/訳  
  • われわれが探し求めている奇跡は、われわれの内にある-。「ワンダー」「もうひとつのワンダー」に出てくるブラウン先生が書いた格言帳。1日にひとつ、365個の格言を紹介。ブラウン先生と生徒のやりとり、後日談も掲載。
  • 君はひとりじゃない ヤンキー先生の直球メッセージ
  • 義家 弘介/著  
  • 逃げるな。前を向いて歩いていけ。いじめ、不登校、将来が不安、死んでしまいたい…。そんな生きづらさを抱えている10代に、生徒たちと真正面から向き合ってきたヤンキー先生が贈る熱き言葉。
  • モリー先生との火曜日
  • ミッチ・アルボム/著 別宮 貞徳/訳  
  • スポーツ評論家の著者が再会した恩師・モリー先生は、難病ALSで動かなくなった体で人と触れ合うことを楽しんでいた。「憐れむより、君の問題を話してくれないか」 死の床での16年ぶりの授業は…。